記事の詳細

医療レーザー脱毛とエステのフラッシュ脱毛を比べると、美容外科でレーザー脱毛施術を受ける人はまだ少なくないようです。美容クリニックでの脱毛施術は高いと言う先入観や、以前美容外科で行われていた永久脱毛施術の針脱毛の印象が残っているからかもしれません。
針を使った脱毛というのは、毛穴に針を刺し、その針に電気を通電させ、毛包を熱で焼くことによって毛周期を止めると言う施術方法で、以前はこの電気脱毛が脱毛のメインでした。
最近は針脱毛に代わって、黒い色だけに反応して熱を発する医療レーザーや、その廉価版とも言えるエステの光脱毛という方法が主流になっています。電気針脱毛が少なくなってきたのは、手間と時間がかかり、尚且つ痛みが強いためです。実際の施術では、毛穴に1本ずつ針を刺しこみ、ムダ毛に電気を通し、毛根にダメージを与えていたわけですからね。時間も痛みも、施術を受ける人の負担は大きいものでした。それに代わって施術時間も短くすみ、痛みも輪ゴムで軽くはじいた程度ですむ医療レーザー機器を使ったレーザー脱毛が主流になったわけです。

光脱毛機とレーザー脱毛機の違いってご存知ですか?簡単に説明すると医療レーザー脱毛機の発するレーザーは、黒色にしか反応しない特殊なもので、それをムダ毛を処理したい部分に照射すると、毛根の細胞に熱がかかり毛周期がストップして毛が生えてこなくなるという仕組みです。
光脱毛機の場合は、特殊なフィルターを通した光を皮膚に照射することで、毛根の働きを弱めるというものです。
両方とも同じ原理ではありますが、エステの光脱毛機では完全に毛根の働きを抑えることができないため、ムダ毛は常に処理をし続けないと生えてきてしまいます。反面使用する光はフィルターをかけて弱くしてあるので、脱毛部位のお肌には優しいといわれます。
医療レーザー脱毛か、光脱毛か、どちらか迷った時には、自分の希望と得られる結果を十分検討してから判断した方がいいです。
ひとつ間違いなく言えるのは、エステの光脱毛では永久脱毛はできないということです。つまりいつもつるつるでムダ毛の無いお肌を保つためには、継続的にエステに通い続ける必要があると思った方がいいということになります。

また医療レーザー脱毛は美容外科や美容皮膚科といった医療施設でしか受けられません。脱毛は医療行為だからです。
クリニックでレーザー脱毛を受けるなら、そこは医療施設ですから、もし万が一何らかのトラブルがあっても即座に対応してもらえるという安心感があります。
エステの光脱毛は、施術を許可する資格があるわけではないので、極端に言えばだれでも施術できるのです。結果的に脱毛の仕上がりや、トラブルの可能性は、施術担当者の知識や経験や脱毛スキルで大きく違ってくるのは事実のようです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る