記事の詳細

医療レーザー脱毛とは、熱による毛根部の破壊によって発毛をなくす治療です。
1960年(昭和35年)にレーザーが発見されてから皮膚に応用されるまで、大変な研究と時間が掛かりました。
特に医療用専用のレーザーの開発は、1986年(昭和61年)のハーバード大学ロックス・アンダーソン博士による研究論文が基本になっています。
米国のサイノシュアー社はロックス・アンダーソン博士の協力を得て、LPIR(ロング・バルス・アレキサンドライト・レーザー)を開発して、特許を習得しました。
アメリカFDA(米国食品医薬品局)と日本の厚生労働省によって、永久減毛の効果が認められ、医療レーザー脱毛は世界中に広まりました。
それまでエステで行われていた電気針脱毛は長時間で痛みがありましたが、医療レーザー脱毛は、短時間で痛みもなく感染の心配もありません。
安心して気軽に脱毛できるようになりました。
現在、認められている機器は多数ありますが、代表的なものとして、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る