記事の詳細

脱毛VIO(ハイジニーナ脱毛)について

ご存知のように脱毛VIO(ハイジニーナ脱毛)とは、V(ビキニライン)I(性器周辺)O(肛門周辺)の脱毛のことをいいます。
興味はあるし必要性も感じている。でも恥ずかしさや痛みの不安などで、なかなか思い切って脱毛施術に踏み切れない部位がVIOじゃないでしょうか。
ハイジニーナ脱毛とも言われますが、もしムダ毛の生え方や毛質で気に入った水着や下着を楽しめなかったり、彼氏とのデートやお友達との温泉旅行のたびに気になったりしているのであれば、思い切ってを整えてしまいたいですよね。
急なデートのお誘いにも慌てなくてすみますし、生理中も清潔に保てますし、婦人科の健診だって恥ずかしくなくなりますし、何より自信を持てるようになりますから。
では脱毛VIOが未経験の方のために、疑問に思う事や不安に思う事についていくつか説明していきます。

Q.VIOの脱毛って痛いの?

A.デリケートで敏感な部分のVIOですから、痛みについては真っ先に不安を感じることでしょう。
結論から言うと、痛みの感じ方については個人差がありますので、一概に痛いとか痛くないとは言えません。
医療脱毛で使用するレーザー脱毛器は、レーザーを照射して毛根の活動を止めるわけですが、その際にゴムではじいた程度の痛みは感じます。
ただ最新の医療レーザー脱毛器には、強いレーザーを照射するのではなく、弱いレーザーを連続して照射することにより、痛みを軽減しながら同様の効果を得られるように作られたものがあります。
ご自身がどの程度痛みを感じるのかを判断するには、脱毛を申し込む前にどんな脱毛器を使っているのか確認したり、二の腕などでどの程度の痛みを感じるのか実際に試してみるといいでしょう。

Q.VIO脱毛の施術で局部を見られるのは恥ずかしい

A.いくら施術をするのが女性看護師や女性医師だったとしても、やはり局部を見られるのは恥ずかしいです。
そのためVIOの脱毛に踏み切れないでいる方って多いですよね。
そのことは脱毛を行うクリニックでも十分承知していて、紙パンツを履いてもらって、施術部分にあわせながらパンツをずらして行うことによって、直接局部が見えないように工夫をしているところもあります。
また、下半身は何も付けないで施術を行うクリニックもありますので、どういうスタイルで施術を行うのかは説明を受ける時に聞いてみてください。
一般的に施術を行う場合の姿勢ですが、Vラインの脱毛は仰向けに寝て、Iラインの脱毛は仰向けに寝た状態で片足ずつ横に立てながら、Oラインはうつ伏せに寝て行います。
脱毛VIO経験者に聞いてみると、恥ずかしさは慣れるという意見が大半です。
ムダ毛をそのままにしておく恥ずかしさを考えると、施術の時だけ恥ずかしい気持ちを乗り越える方がいいかもしれませんね。

Q.VIOの形(デザイン)はどうすればいいの?

A.VIO脱毛するときにどういう形(デザイン)にすればいいのか悩みますよね。Oラインについては悩むことはないでしょうが、特にVラインの形は悩むでしょう。
どんな形にするのが多いかというと、水着や下着に隠れる大きさの逆三角形のようです。
他には四角形にする人もいますが、Iラインを完全につるつるにする場合には、Vラインの下はワレ目より少し上までの大きさにする場合が多いようです。
人によってはブラジリアンスタイル(パイパン)にすることもあるようです。
衛生面やお手入れを考えると都合がいいですが、温泉に入ったり、婦人科健診を受けることを考えると、私個人的にはどうかなと思います。
Iラインについては完全につるつるにする人と、濃かったムダ毛を薄くしたいという人で違ってくるようです。
Tバックの下着をつける人は、つるつるにしておいた方がいいかもしれませんね。
Vラインの形を決めきれないときには、いくつか候補を考えて、施術当日に看護師さんに相談してみるという方法もあります。
毎日施術を行っている看護師さんならではの意見が参考になる場合はありますからね。

Q.VIO脱毛を始めるタイミングはいつがいいの?

A.もしVIO脱毛をするなら薄着になる機会が減る秋からスタートするのがおすすめです。
体毛には毛周期があり、VIOをきれいに整えるためには数回の脱毛施術を受ける必要があります。
施術の間隔はおおよそ2か月置きになりますので、秋から始めれば翌年の夏頃にはほぼきれいに整っていますから、水着やショートパンツなど自信を持って身に付けられるからです。
また予約する方が少なくなりますので、自分の生理周期に合わせた予約も取りやすくなるというメリットもありますので、VIO脱毛は秋スタートがおすすめなのです。

VIO脱毛を受ける時のご注意

デリケートな部分のVIOを脱毛するときにはいくつかの注意点があります。

  • 生理中は脱毛施術を受けられない。
  • ムダ毛の処理をしていないと受けられない。
  • 自宅で事前処理する際に傷がついてしまうと受けられない。
  • 薬の服用や予防接種などをしていると受けられない場合がある。

この他にも妊娠の可能性がある場合など、事前のカウンセリングや説明をしっかりと理解した上でVIO脱毛の施術を受けましょう。

■ VIO脱毛の相談ならサクラアズクリニックがおすすめです

サクラアズクリニック VIO脱毛

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る